会社を設立するということ

最近では、1円で会社が作れるといわれたり、パソコンでのネットを利用した若いIT社長が登場して何億ものお金を稼いでいたりと会社を設立することが私たちにも身近なものになってきているように感じます。実際に、ここ数年間で会社を起業し、成長をし続けている会社はとても多く、IT産業などに代表される情報や広告など形のないものが商売になる世の中にあっては、考えようによっては元では少なく多くのお金を儲けることが出来る可能性もあります。新しく会社を起業して事業を初めて成功するには絶好の時代になったといえるのです。

さらに最近、2006年の5月1日に新しい会社法が施行され、新しい会社の設立が簡単になりました。このページでは独立開業して自分の会社を持ってみたい、持つことによってのメリットはどんなことなのかなど、会社設立に関する知識を知りたいという方向けに難しい法律などの知識もなるべく簡単に書いていこうと考えています。

会社設立までの簡単な流れ

ここでは簡単に会社を設立するまでの流れを見ていこうと思います。会社というのは設立したいと決めて直ぐに出来るものではなく、会社法という法律に従って手続きをする必要があります。そのため手続きにも順序があるのです。

まずは自分の設立する会社の商号と本店の場所、そして目的を決める必要があります。

次にその商号が他の会社と同じ名称になっていないかを確かめます。この時、類似商号は法務局で調べる事が出来ます。もしも、自分が付けようとしている商号が既に存在していた場合でも会社の設立は可能ですが、会社を設立した後にその類似商号を持つ企業ともめたくなければ、違う社名、商号にするのが無難でしょう。

商号の登録が終わったら今度は、「定款」の作成をします。この定款とはいわばその会社のルールと言うべきもので、この定款を有効にするためには公証人という民事に関する公的な文章を作ったり、認証権を持つ公務員によって認証される必要があります。この公証人は法務省に所属していますので、定款を作ったら一度法務省に提出し公証人の認証を貰う必要があります。

出資金を払い込みます。この出資金は資本金などの会社の事業に使うためのお金で、株式会社の場合には新株発行時の払込金ということになります。要するに事業をするために必要なお金ということです。

会社設立に必要な書類を作成して役所に提出します。会社設立には様々な手続きが必要で、そのたびに書類を作成しなくてはいけません。例えば議事録や、申請書、さらには設立登記の申請など、その他にも色々な書類が必要です。

法務局に会社設立の登記を申請し、この段階で晴れて会社誕生ということになります。

このように、会社は会社法という法律に則って設立しているので、会社の情報は全て法務局に行けば内容を見ることが出来るようになっています。そのため、個人ならばある程度うやむやですませても大丈夫な所も、法律でしっかりと決められているため、取引上の不備が起きたときにも法的な介入をすることができるため、取引の安全性がある程度確保されているといえます。そのため、個人の事業者よりも会社という形態を取っている方が信用されやすいため取引がスムーズに進むことが多くなります。

おすすめWEBサイト 5選

ダーツ用品

せんべい汁を作ろう

近江牛を贈ろう

ガーデニング用品の購入